2017年7月22日土曜日

久しぶりのアサカワスピード・ツーリング



以前のアサカワスピード・ツーリングといえば、
峠道でリッターをマジで全開!とか、
オフ車でもないってのに、
獣道みたいなところに突撃!とか
そういうのばかりでしたが、
まあ、それも今は昔。

何年か前に嫁が参加したあたりから
かな~り大人しく、というか
ごく普通のツーリングに
なってきました。

また、少し前のツーリングで
事故った人がいたので
しばらくやってませんでした。

なので、本当に久しぶりの
ツーリングです。

今日は、談合坂SAに6時半集合ですが、
夏休み初めての週末だけあって、
5時に家を出たのに、
すでにかなりの交通量です。

そこから勝沼IC→柳沢峠
→藤野のカフェレストランShu
で、早めの昼ご飯を食って解散。

それにしても、朝8時の柳沢峠が
全く寒くもなんともないって、
今年の夏は、マジで暑いですね。

オイラも、少し熱中症気味になったので
解散後は、さっさと帰宅しました。

明日は、タイホンダCBR150Rのタイヤ交換です。

2017年7月21日金曜日

ハーレーはドゥカティを買わない・・・そしてMotoGPは?


https://www.asphaltandrubber.com/news/bids-ducati/

ロイターによると、いよいよVWグループは
ドゥカティの売却に向けて
入札を受け付け始めたようです。

それによると、噂されていたハーレーは
入札に参加せず、
バジャジ、ロイヤルエンフィールド
といったインドメーカー
ハーレーの競争相手インディアン
を擁するポラリス。

他に、ベネトンが12億ドルで買収する
と、手を上げているとかなんとか。

VWグループによると、15億ユーロで、
という話でしたが
やはり15億ユーロでは買い手がおらず、
少し値段を下げたのでしょうか。

ドゥカティが実際に身売りされることで
影響が出てきそうなのが、MotoGPです。

VWグループの基礎研究の成果を
利用できたこれまでと違い、
今後は、ドゥカティ単独で
エンジンの基礎研究もしないといけません。

VWグループと言えば、
ホンダなんか吹けば飛ぶような
と言っても良いほどの巨大グループ。

MotoGP参戦メーカーの中で
最大のメーカーは?と聞けば、
誰もがホンダと答えるでしょうが
裏にひかえるVWを考えると
実際の最大メーカーは
ドゥカティという言い方もできました。

それが、今後はなくなります。

実際、2016年のドゥカティは
前年度より利益を減らしていますが、
その理由は、研究開発費のため、
とされています。

おそらく、身売りに向けて
VWは基礎研究の成果を
ドゥカティには
渡さなくなってきたのでしょう。

今後のMotoGPにおける
パワー競争を見ていけば
VWの基礎研究の影響が
どの程度あったのか、
それが分かってくるのかもしれません。

2017年7月20日木曜日

ハーレー全世界で不振


https://goo.gl/cbU79j

日本の国内経済メディアは
全く報道していませんが、
ハーレーの凋落が止まりません。

2017年第二四半期は主力の米国でー9.3%
全世界でも-6.7%。

ほぼ全世界で売り上げを落としており、
状況はかなり深刻です。

でも、日本の経済メディアは、今でも
「大人気、ハーレーの秘密を探る」
みたいな記事ばかりなので、
この調子だと、他の分野も・・・
とか思ってしまいます。

まあ、オイラは
10台くらいバイクを持つようになれば
そのうち1台くらいなら
ハーレーでもいいかなぁ
ぐらいにしか思ってないので
ハーレーの売り上げがどうなろうが
さほど関心はありません。

世界的にも、こんなハーレーが
本当にドゥカティを買うのか?
という方に関心がいってますね。

前にも書いた通り、銀行が融資を認めれば
必ずやハーレーは、ドゥカティを買うはず
と思ってますが、さすがにこれだけ業績が悪化すると
銀行も大金を貸すことに懸念するかもしれません。

ハーレー不振のニュースを
一番注目しているのは
VWの首脳陣かもしれません。

2017年7月19日水曜日

スズキがWSBKに復帰


https://goo.gl/auqVUr

最近、タイヤのロシアンルーレットになってる
MotoGPがつまんないので、
このブログでも、MotoGPを扱うことが
めっきり減りました。

まあ、この状況でも面白いんだ
という人はいるでしょうが
オイラは、そういうのはありません。

さて、イタたわGPで報道されていますが、
来年、予定通り、スズキが
SBK世界選手権に帰ってきます。

でも、今のところ、Suzuki Racingおよび
スズキレーシングレポートには
特段の報道はありません。

トニ・エリアスと組んで、
MotoAmericaで大活躍している
GSX-R1000ですが、とはいえ
ヤマハR1が世界中で勝ちまくったのに
WSBKに参加した途端、鳴かず飛ばず
という前例もあります。

スズキがWSBKで優勝争いできるかどうか
それはたぶん、メーカーがどこまで
テコ入れするかにあるはず。

スズキはカワサキ、ドカの二強に
割って入ることができるでしょうか。

2017年7月18日火曜日

バイク版:冗談で済まない怖い話


https://goo.gl/MJ6mRF
  ↑   ↑
昨日、八ヶ岳で鹿とバイクの事故が
あったそうです。

最近、鹿の数は増えていて、
ハンターによる狩りも行われるほど。

鹿との衝突映像も
youtubeなどにアップされています。


これなんか衝撃映像だし・・・


伊豆スカイラインでも事故がありました。


四輪だけど廃車だそうです。


海外でも・・・
この事故ではライダー重体らしい。


こいつはカナダで熊と衝突した事件。

マジで、ツーリングの際は
鹿にも注意。

いや、注意しようがないのは
もちろんだけど、
一つだけ言えるのは、
アクセル全開はサーキットで。

無警戒にかっ飛んでいると
鹿だけでなく自分のダメージも
かなり酷いものになります。

2017年7月17日月曜日

ドカSSのオイル交換



怪我してましたので、あまり乗ってませんが
前回のオイル交換から、時期が経っているので
ドカSSのオイル交換しました。

ちょっと入れすぎてしまいましたが、
上限までは行ってませんので
まあOK・・・ということで f^^;



オイルは、例によって
パノリンRace 10W-50ですが
蓋をあけると
写真のような妙なホースがついてきます。

以前は、こういうのは無かったんですが
はて なんでしょう?

まあ、それはともかく
これで、ドカSSでサーキット復帰OKです!

2017年7月16日日曜日

バイク載せるのが下手な人に・・・


https://goo.gl/bxmRAR

先日、某サーキットでの話です。

バイクに乗ったまま、
まるで一本橋のように
ラダーを駆けあがっている人を
見かけました。

いやぁ、確かに一本橋は
免許取るときやってるので、
誰でも理論的には出来るはず
だけど・・・・(汗)

ところでみなさん、
バイク載せるの上手いですか?
オイラは下手です!

軽い250ccなら楽勝ですが
リッターを載せるときは
かなりへっぴり腰。

でも上の写真のようにすれば
オイラもバイクに乗ったまま
駆けあがれるのではないかな(^^;)

今なら3本買っても1万円を切る
バカ安価格で買えますし・・

・・ま、まあ、安物買いのなんとやら
という言葉もあるので、オイラは今まで通り
へっぴり腰でやったほうがいいですかね(苦笑)